渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

内科日誌 2012.7.28 膵癌・慢性膵炎の痛みに腹腔神経叢ブロック
つい先日、東邦大学大橋病院に行った折、消化器内科の大牟田繁文先生とお話をしてきました。
すごいなと思ったのは、超音波内視鏡という特殊な胃カメラを使い、腹腔神経叢(ふくくうしんけいそう)というところにブロック注射をしている、という話。
海外では広く行われている方法で、論文によると、膵癌や慢性膵炎の痛みにとても有効な上、合併症も少ないとのこと。
日本ではまだ施行しているところがそれほどないようです。
大牟田先生の外来受診のご希望があれば、紹介状をお書きいたします。
お気軽にお問い合わせください。
(なお、単に膵臓が弱いだけの方などは残念ながら適応になりません。
ご了承ください。)

内科なら東京 渋谷ヒラハタクリニック

投稿者 医療法人社団 創友会③ (2012年7月28日 08:00) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。