渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

内科日誌 2012.11.27 遅延型食物アレルギー検査について

 普通、食物アレルギーの血液検査と言えばその食物に対するIgE抗体を測ります。
(保険適応です。)
これで即時型のアレルギーの検査はできるのですが、遅れて症状が出るタイプの遅延型アレルギーを調べることはできません。

 で、何年か前からアメリカの会社でそれを測りませんかという案内がうちに来てまして。
IgGを測ることで結構分かっちゃうよ、とのこと。
日本語の文献をちらっと探してみましたが、見事に全然見つけられず。
代理店が「Lancetに載った!」っていうので文献を見てみたら、ADHDの子どもを対象にした研究でこの検査を利用してたって話で、蕁麻疹とかアトピーとか喘息とかの話ではありませんでした。

 正直に感想を言いますと、まだちょっとエビデンスが弱いかなぁと。
僕は自信をもってプレゼンすることができません。
で、なんか代理店のサイトを見たら、自宅で検査できちゃうようにしていまして。
しかも、値段が¥28,000。
ネットで調べてみると、医療機関は¥31,500~42,000とかのところが多いような印象。
じゃぁ、家でやってもらえばいいじゃんという話で。
うちで導入するのはやめにしました。
検査してみたい方は、ご自身でやってみてください。
結果を持ってきていただければ一緒に悩みます。(^-^;

内科・皮膚科なら東京 渋谷ヒラハタクリニック

投稿者 医療法人社団 創友会③ (2012年11月26日 23:55) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。