渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

内科日誌 2013.1.14 遠方の方向け その1

 以前から遠方からの患者さんも少なくありませんでしたが、最近、アジア、ヨーロッパ在住の日本人患者さんが、わざわざ来院されることも出てきて、ある意味での「違和感」を覚えるようになりました。
明らかに膵臓の症状があるのに、検査で症状が出ないため、精神病扱いされてしまう方があまりにも多く、軽い症状を診てくれる先生があまりにも少ない現状に、です。
本来であれば、私が積極的にデータを取って、膵臓学会などで発表すればいいのですが、「検査データで異常が出にくいため、発表できるデータが蓄積しづらいこと」「日常診療が忙しすぎること」などの理由でそれができない状態です。

 そのため、どうしても遠方の患者さんが、悩みぬいた末に多額の交通費をかけて当院を受診されてしまうわけですが、そもそも病名がつかないような軽い状態(膵臓が弱いだけ)のことが多いのです。
別に大した事をするわけでもないので、非常に申し訳ない気持ちになることが多く、悩みの種でした。

 そこで私なりに、身近な医療機関を利用しながら、症状・リスクに対応する方法を書いていくことにしました。
分からないことなどがありましたら、クリニックの掲示板でご質問などいただければと思います。
また、あまりたくさんの投稿がありますと、お返事が遅れてしまうこともあろうかと思いますので、過去の投稿もできればご一読いただくよう、お願いいたします。

 この記事で、少しでも日本から膵臓の痛みが減ることを祈ります。

内科なら東京 渋谷ヒラハタクリニック

投稿者 医療法人社団 創友会③ (2013年1月14日 21:46) | PermaLink
この記事へのコメント

始めて、投稿させていただきます。32年前くらいに急性膵炎にになった経緯がありますが、昨年春頃から、みぞおち辺りりに不快感があり胃腸科で診察、検査しましたがすい臓は異常なしでした。昨年の12月頃から、胃のあたりの鈍痛があり、慢性膵炎ではないかと再度、診察検査しましたが、膵炎の診断はありませんでした。鈍痛と吐き気で体調が悪くなり、救急で処置したあと、フオイパンを処方していただき、効いているような感じです。昨日、胃腸科慢性膵炎ではないとの診断でした。わたしの判断は間違いでしょうか?よろしくお願いします。

投稿者 渋○利○○ 2014年1月18日 15:43

はじめまして。
診断として「慢性膵炎ではない」というのはおそらく正しいのだと思います。
ただ、「膵炎」と診断がつくほど悪くなくても、症状が強い方がたくさんいらっしゃいます。
(「膵臓が弱い方、敏感な方」と私はよく説明します。)
フオイパンが効いているとのことですので、おそらく渋○さんもそのパターンなのだろうと思います。

投稿者 医療法人社団 創友会③Author Profile Page 2014年1月19日 13:53

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。