渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

内科日誌 2013.1.14 遠方の方向け その2 検査編

 自分の症状が膵臓から来ているのではないか、そう思ったら、まずは近くの消化器内科を受診するようにしてください。
腹部超音波検査(エコー検査)をまず受けることになろうかと思います。
そのほか、必要に応じて胃カメラ、大腸カメラ、痛みが強ければ腹部CTなどを受けるようにしてください。
採血検査は、症状が強い時に受けないと異常値が出ないことが多いため、できれば「いつもより症状が強い時」に採血を受けるようにしてください。
なお、採血項目はアミラーゼだけでなく、リパーゼも測ってもらうようにしてください。

 これらの検査をすべて受けて、それでも異常がなかった場合、診断基準上「慢性膵炎」という診断名はつきません。
明らかな膵臓の症状があるとすれば、「膵臓が弱いだけ」の可能性が非常に高いと考えられます。
ただし、小さな腫瘍などが隠れている可能性はあり、半年ごとに腹部エコー、採血などを受ける必要はあろうかと思います。
かかりつけの先生に、「ちょっと心配なので...」と言って検査を受けさせてもらうようにしてください。
なかなか理解してもらえないようなら、半年ごとに違う病院をかわるがわる受診する手もあるかもしれません。
また、「膵臓が弱っている方に」の生活療法を守るようにしてください。

 もし採血などで軽微な異常があった場合は、念のため「MRCP(特殊な撮影方法のMRI)」か「腹部造影CT」を受けさせてもらってください。
また、可能であれば超音波内視鏡(EUS)を受けさせてもらえるといいかと思います。
(大学病院や大きめの総合病院なら、施行可能と思います。)
それらの検査で異常がなかった場合、慢性膵炎疑診例として治療を受けることになります。
もちろん、「膵臓が弱っている方に」の生活療法は守ってください。

 採血で大きな異常があった場合や、MRCPや腹部造影CT、超音波内視鏡(EUS)などの画像検査ではっきりと異常があった場合は、総合病院で専門の先生の治療をしっかり受けるようにしてください。

内科なら東京 渋谷ヒラハタクリニック

投稿者 医療法人社団 創友会③ (2013年1月14日 22:27) | PermaLink
この記事へのコメント

このブログ等、拝見させて頂き、治療に落ち込んでも、勇気づけられています。遠方なもので切実に思います。掲示板の方は不適切なものも、今日みかけ、残念です。ぜひ先生には、掲示板を続けてほしいと思っています。私の方は、禁酒、食生活の改善などで体調は一歩、一歩よくなっております。

投稿者 みらい 2014年2月21日 20:38

コメントありがとうございます。
掲示板、今日も一度不適切な投稿があり、削除していたのですが、ご指摘の通り、再度不適切な投稿がありましたので、削除いたしました。ありがとうございました。
掲示板は今のところ続けていくつもりでおりますので、ご安心ください。
体調が少しずつ良くなっているとのこと、お役に立てているようで良かったです。

投稿者 医療法人社団 創友会③Author Profile Page 2014年2月21日 22:25

はじめまして。
数年前から飲酒をすると左背部が痛む症状があり、2年ほど前からそれが左上腹部と下腹部にも起きるようになって来ました。痛み自体はそれほど強くはないのですが、去年はそれに加えて下痢や食欲不振が続いたので流石に怖くなって医療機関を受診しました。血液検査、腹部エコー、胃カメラ、腹部CT、全てで異常なしでした。なので胃腸薬を処方されて服用していると、2週間ほどで症状が収まり、1ヶ月ほどでかなり痛みと下痢の症状が改善したのですが、元々私はかなりのお酒好きで、そこで検査結果が何とも無かったんだから、ストレスや気にしすぎだと思ってまたお酒を飲み始めました。すると1か月後くらいにはまた痛みがぶり返し、飲酒時以外でも痛みが慢性化するようになり、便も消化不良状態になり、それが続いております。そして1周間ほど前に酷い胃もたれと下痢になり、おかゆや豆腐やポカリスエットなどをここ数日摂取しているのですが、ちょっと良くなったかと思うと次の日にはまた下痢をしてたりという感じです。
去年の検査結果で何もなかったとは言え、これはやはり変だと思って色々調べておりましたら、膵炎の症状にぴったり当てはまることに気づきました。
しかし、では何故去年の検査(12月)では全く異常がなかったんだろうか?と疑問に思いさらに調べているうちに、この病院のHP、このブログを発見した次第です。
そしてここに書かれてある内容を読んでかなり合点が行きました。「膵臓が弱い」と言う話には思い当たることがとても多いのです。私は幼少期の頃から焼き肉を食べると胃もたれし、ピザやインド料理を食べると下痢をし、冷たい食べ物も苦手でした。そして姉も膵臓が大きいと指摘されたことがあり、彼女も私と同じで油物を多く摂取すると下痢をすると言っておりました。
私は他にも持病がありまして、そのストレスもあってついお酒に手を出してしまい、ほぼ毎日飲んでおりました。しかも結構な量を。
はっきり言って元々胃腸、膵臓が弱いのにこれは自殺行為だったということを今更ながら気付かされました。
兎に角、明日にでももう一度医療機関を受診しようと思います。その時は前回よりも明確に症状を伝えて見ようと思います。
そして一番重要なこと、もうお酒やめます。こんなに腹痛や下痢が続いて不安感に苛まれるくらいならもう飲みません。
兎に角インターネットの場合は極端な例や極端な話をする人やサイトが多く、体調不良関連で検索すると不安感だけが増すことが多いと感じてましたが、こう言う医療機関の本当のプロの方のブログがあってよかったと思います。

投稿者 maru 2014年7月27日 19:59

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。