渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

大腸カメラ日誌 2013.03.21 ポリープ切除後の飛行機搭乗について

先日、ポリープ切除後に飛行機に乗っていいのか尋ねられ、念のため簡単に文献を探してみましたが、大腸ポリープ切除後に飛行機に乗ること自体を問題とするような文献は見つけられませんでした。

 ただ、日本航空などでは大腸ポリープ切除1週間は搭乗に適さないとしているようです。
また、詳細は未確認ですが、海外では切除後2日間は飛行機に乗るべきではないとされている、という情報もありました。

 機内で出血するリスクなどを考えると、ポリープ切除後は念のためしばらく(1週間程度)搭乗しない方が無難、ということが言えると思います。

 飛行機に乗る予定があるのにポリープがあった場合の対処についてですが、小さいものについては翌年切除でも問題ないと思います。
比較的急いだ方がいいものについては、後日切除するなり、搭乗を延期するなりの対処が必要になろうかと思います。

大腸カメラ、大腸ポリープの日帰り手術は東京 渋谷ヒラハタクリニック

投稿者 医療法人社団 創友会③ (2013年3月21日 22:49) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。