渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

内科日誌 2014.2.21 遠方の方向け その6 膵臓貯金編

 膵臓に注意した生活を続けていると、だんだん余力がたまってきます。
これをよく外来では「貯金」と申し上げています。

 貯金があれば、少しの無理は貯金を取り崩すことでカバーできます。
しかし、「この程度の無理なら大丈夫な体になった!」と早合点してその無理を続けていますと、あっという間に貯金を使い果たして元の症状がぶり返してきてしまいます。
普段は頑張って貯金をためて、イベントの時にその貯金を少し取り崩す、貯金の中でやりくりできるだけの無理にしておく、そして貯金を使ったらまたしばらくは貯金をためる生活を続ける、ということが非常に大切です。

 くれぐれも、勘違いをして貯金を使い果たすことがないようにしてください。

投稿者 医療法人社団 創友会③ (2014年2月21日 22:53) | PermaLink
この記事へのコメント

4年前からある大学病院に年2回検査に行っているのですがリパーゼが50だったり49だったりいつもギリギリかH.トリプシンも最近では618 画像診断では異常なし、薬なしだったのでそのまま様子を見ていたら、しばらくして背中の痛み腹痛が。いつも行っている大学病院は3時間位かかるので、他の病院で血液検査とEUS、血液検査尿検査をしました。血液検査はいつも通りやや高めではあったが画像的異常はなく慢性膵炎ではないと診断されました。慢性膵炎判断は専門医でも判断しづらいとよく言われています。これからどのような治療していけばいいのか、どうすればいいのかわかりません。今、薬を飲んでいますが症状はあまり変わりません。今の主治医は薬が効かなかったら、薬を飲むのをやめたほうがいいといます。これからどうしていいのか全くわかりません。よろしくお願いします
匿名でお願いします

投稿者 匿名希望 2018年2月18日 11:20

お問い合わせありがとうございます。
申し訳ありませんが、同様の質問が多数寄せられておりますので、こちらの遠方の方向け掲示板をご覧いただければ幸いです。
http://hirahata-clinic.bbs.fc2.com/

過去ログを読んでいただいた上で、必要があれば掲示板上でご質問ください。
よろしくお願い申し上げます。

投稿者 医療法人社団 創友会③Author Profile Page 2018年2月23日 15:12

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。