渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

食事会に行ってきました。
今日はお世話になった先生と医局の後輩とでお食事会でした。少し遠い将来に人類に貢献するためのプロジェクトをほんの少しずつ進めつつ、楽しく話してきました。
帰り一緒の方向の後輩がいたんですが、例によって本人の趣味を聞き出して、医学と絡めたらどういう研究ができるかとかアイディアを出しつつ、また癖で焚き付けまくってしまいました。
以下要旨。

本当に好きならば、趣味の世界も医学も本気で頑張って一人前になることで、2人前以上の力が出せる。
しかし本気でなければだめだ。
今はネットだけで勉強できる大学が日本にもある。
英語を勉強すれば自宅で海外の一流大学の授業が受けられる。
独学だって、ある程度のところまで行ってしまえば、あとは実務の中で実力はつけられる。

ある程度の収入があったら、それ以上は幸福度に貢献しないどころか、むしろ幸福度が下がることも多い。収入を確保するために家族との時間を削らなければいけなかったりするため。

自分の為だけに仕事をしても、死ぬときに「仕事なんて頑張らないでもっと家族と一緒に過ごせばよかった」と思うことになる。
「自分のために」では人を魅了することはできない。力も出せない。
美しいストーリーがあってこそ、人に応援してもらえる。いろいろな人とつながれる。
「人のために」仕事をすることで、自分の人生に意味を感じることができ、結局自分のためになる。
俺は死ぬときに「そこそこ頑張れた。それなりに人の役に立ったな」と思って死にたい。
一緒に頑張ろう。本気でやったらホントにものすごく楽しいよ。
俺はしがない町医者がどこまでできるかってチャレンジをしている。

いやー、痛い。痛い説教厨オヤジと言われれば反論できません。
我ながらウザイ。
響いてたらいいけど、ウザイ先輩だったかなー。
悪いことしたかな。
でも止められない。
投稿者 医療法人社団 創友会③ (2016年4月27日 23:31) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。