渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

「タダ酒」より「タダ飯」
 何の利益も生まない「付き合い」なんてものを一部社員(場合によっては社長)が強制して、他の社員が疲弊したりしたら、会社としては大損です。
「従業員の体力」は立派な会社の資産ですから、そんなものを下らないことで消費されたらかなわない。
 
 また、「タダ酒飲みたい!」って人は得てして大酒飲みで、つまりは(軽症の)アルコール依存症予備軍の可能性が高く、健康管理上から見ればそういう人に好きなだけ飲ませたりすると、早死にされたり事故起こされたりして大きな損害を受けるリスクが高くなります。
 
 「タダ飯食いたい!」にはそういうリスクはありません。
であれば、そちらの願いを叶える方が経営上は圧倒的に合理性がある。
 
 「またここに来たいです!」って言わせたら僕は勝ちだと思います。
「また来られるように、明日からまた頑張ろうね」って言えば、きっとモチベーションが上がる。
社員のモチベーションが忘年会の費用くらいで買えるなら安いもんです。
そう思えないような人は社長向いてないと思う。
投稿者 医療法人社団 創友会③ (2016年12月15日 00:00) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。