渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

佐藤浩一郎先生の話を伺ってきました
先日、私に大腸カメラを教えてくれた師匠、佐藤浩一郎先生(帝京大学溝口病院消化器内科准教授)のお話を伺う機会がありました。
佐藤浩一郎先生はESD(内視鏡で病変を切り取る、非常に難しい手術)の名人で、当院の患者さんも何人も治療していただいているのですが、やはり最近の成績を伺っても、穿孔率(穴が開く確率)は2%未満と非常に低く、見せていただいたスライドではずいぶん大きな直腸カルチノイドも完璧に切り取っておられました。

大学病院時代は佐藤先生の手術の手伝いをよくさせていただいていましたが、素早いながらも非常に丁寧に、慎重に手術をされる姿をよく覚えています。

また患者さんを紹介してもよろしいですかと伺うと、「ぜひどんどん紹介してください」とのこと。
ありがたいことです。
投稿者 医療法人社団 創友会③ (2017年12月19日 23:22) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。