渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

インフルエンザの治癒証明書について
新型インフルエンザ(A_H1N1)に関する事業者・職場のQ&A(平成21年10月30日)|厚労省
「労働者に対し治癒証明書や陰性証明書の提出を求めることについては、インフルエンザの陰性を証明することは一般に困難であることや、患者の治療にあたる医療機関に過剰な負担をかける結果になることから、望ましくありません。」

最近は治癒証明書を書くこともだいぶ減りましたが、たまに求められますね。
ただ、「熱が下がってから48時間経っていて、かつ発症から6日目以降になってから出社」というのを守っていただければ、ほぼ書く意義はありません。

  • 病み上がりで違う病気をもらわないか
  • 休んでたまった仕事を一刻も早くやっつけなくてはいけないのでは

等と考えると、早く会社の方で廃止してくれればいいのにと思います。
投稿者 医療法人社団 創友会③ (2018年2月19日 21:37) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。