渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

内科日誌 2018.12.16 安全な生肉
生肉で食中毒になって当院を受診される患者さんがけっこうたくさんいらっしゃるため、すっかり生肉の怖さが身に染みています、平畑です。
生肉と言えば馬刺ししか食べられないものと思っていましたが、
九州産黒毛和牛ユッケ|JA全農ミートフーズ
を友人が食べていて、ネット通販で普通に買えることが分かり、どうなっているのかな、と思って調べてみました。

結論から言うと、
「生食用食肉(牛肉)の規格基準設定に関するQ&A|厚生労働省」
に明らかなように、きっちり基準に沿って加工された肉が販売されているようです。

「低温調理(60度2分で表面を加熱)」してかなり菌を「減らした」肉を、衛生的な施設で切り分けて中心部の生肉部分をパッケージしてるということで、これならたしかに食中毒はかなり減らせそう。

そうはいっても、菌が減っているだけで、焼いたときのように無菌に近い状態になっているわけではありませんから、厚生労働省の言う通り、「子ども、高齢者などの抵抗力の弱い方は、生肉を食べないよう、また、食べさせないようにしていただくことが必要です。」
投稿者 医療法人社団 創友会③ (2018年12月16日 18:53) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。