渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

オンライン診療を希望される方へ
新型コロナウイルス(COVID-19)の広がりをうけて、当院では、電話再診のテスト運用を開始いたしました。(ビデオ通話も可能ですが、スマホ等をお持ちでない方もいらっしゃるため、当面、再診は電話で対応させていただきます。状況から、ビデオ通話にした方が良いと判断した場合には、途中からビデオ通話に切り替えることがあります。)
ただし、注意点がいくつかございます。

・風邪などの急性疾患の治療はできません。そういった場合は、通常の診察を受けに来てください。
・初診は受け付けません。最初の2回(初診、1回目の再診)は必ず対面での診察が必要となります。
・電話再診をお受けていただいた場合でも、医師が必要と判断した場合には、ご来院いただくことがあります。
・仕組み上、下記のものが必要となります。
  - メールアドレス
  - 通話できる電話番号
  - クレジットカード
  - 最寄りの薬局名、fax番号、郵便番号、住所
・初めてご利用になる薬局を指定される場合は、事前に薬局に連絡をして、許可を得るようにしてください。
・診療費は、メールでお送りするURLにアクセスしてクレジットカードでお支払いいただく形となります。(現在準備中なので、お支払いは後日となります。)
・処方箋は、診察後に最寄りの薬局にFAXで直接お送りいたします。
・その時に手の空いた医師が対応させていただくことを基本としておりますので、いつもと違う医師が対応させていただくことがあります。その場合でも、当然ながらカルテは共有しておりますので、状態把握はできておりますから、ご心配なさらないようにしてください。(医師指定、日時指定の予約システムは後日稼働予定ですが、稼働時期は未定です。)

申し込みは、専用のサイトをご利用いただきます。


「情報通信機器の運用に要する費用」について:
電話再診に際し、「情報通信機器の運用に要する費用」(1500円)を徴収させていただいております。
患者さんの負担としては、例えば特定疾患(血圧や膵臓など)の患者さん(3割負担)の場合
・保険診療費が1250円→420円に下がります
・情報通信機器の運用に要する費用:1500円
合計で670円高くなりますが、
・交通費がなくなる
・自宅や職場で仕事をしながら診察を待てる
・医療機関での感染のリスクがなくなる
・薬局で事前に薬の準備をしてもらえるので、薬局での待ち時間が減らせる
・薬局での感染のリスクが減らせる
等々のメリットがあります。

保険でなくて、自費診療でもいい、という場合は2回目の診察からオンライン診療でもよいようですが、その場合、薬も自費ということになってしまいます。
それでも大丈夫、という方は、ぜひお申し出いただければと思います。

電話再診の詳しいご利用手順等は、こちらをご参照ください。
よろしくお願いいたします。
投稿者 医療法人社団 創友会③ (2020年2月27日 02:33) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。