渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

内科

「子育てハッピーアドバイス」シリーズの書籍を置きました

 当院の待合に「子育てハッピーアドバイス」シリーズの書籍を置きました。
分かりやすく、読みやすく、バランスが取れていて大変素晴らしい本。
「小児科でもないのになぜ?」と思われるかもしれませんが、お子さんのことで悩んで病気を悪くされている方もたくさんいらっしゃって、そういう方々にぜひ読んでいただきたい、というのがまず一点。
うちは子育て世代の患者さんがたくさんいらっしゃるので...。

 次に、幼少期の問題が現在まで尾を引いてしまっている方も多いので、そういう方々にも参考になるだろうということがあります。
診療していると、「自己肯定感」が適切に育まれなかったことから起きている問題が非常に多いな、ということを実感します。
もしかしたら、「今の問題の原因はこういうところにあったのか」と気付くきっかけになるかもしれません。
もちろん、親御さんを責めてどうなる問題でもないのですが、原因について「腑に落ちておく」ことは、場合によって大切なのかな、とも思っています。

投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
堂々と幼児用ハーネスを使ったらいいと思います
こんな記事を拝読しました。
幼児用ハーネスを使っていた私に、あるおばあちゃんがかけてくれた意外な言葉 by イシゲスズコ

不慮の事故が減って、子ども本人も親御さんも嫌でないなら全く問題ないと思います。
反対する人は、ハーネスをつけないで事故が起きても責任を取るわけではないし、そもそも文句を言う権利なんてない。
一瞬の隙が文字通り命取りになる子供だっているんです。
むしろ文句を言われたとき、「最低限の想像力くらい持ちましょうか」と説教する権利があるとさえ思う。

なぜなら相手は「そんなもの付けるくらいなら死ぬ確率が上がる方がマシ」って言っているわけです。
生存権が脅かされている。
僕は法律家ではないですけど、基本的人権の侵害といっても過言ではないんじゃないでしょうか。

少なくとも医者の立場からは、「死ぬ確率が下がって子どもが楽しそうにしてるならどんどんつけてください」と思います。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
内科日誌 2016.7.22 大腸のESDを佐藤浩一郎先生にお願いしました

僕の内視鏡の恩師でもある帝京大学溝口病院の佐藤浩一郎先生に、大腸の難しいところにあるポリープのESDをお願いしました。
合併症なく綺麗に切除されてて、さすがの一言。
安心して患者さんを紹介できるので、本当にありがたいです。

投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
笑うと脳卒中や心臓病が減る?
「笑いが少ない人は脳卒中や心臓病が多い」という研究が報道されていました。
近藤尚己先生(東京大学大学院医学系研究科准教授)が書かれたもので、全文が以下でダウンロードできます。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jea/advpub/0/advpub_JE20150196/_pdf
20000人以上のアンケート調査結果に基づいているので、信ぴょう性があります。
 
ただ、近藤先生もご自身のサイトで述べられている通り、
http://blog.livedoor.jp/kondonaoki-news/archives/56489081.html
「たくさん笑うと、その後それらの病気になりにくくなるか、という『因果関係』を示していない点」には注意が必要ですね。
脳卒中の結果、笑わなくなった可能性だってあるわけで、判断は難しいです。
 
その点、報道の見出しだけを見ると、違う印象を受けますよね。
YOMIURI ONLINE yomiDr.「笑わない人、脳卒中の割合1.6倍...心臓病は1・2倍」
テレ朝news「笑う門にはやっぱり福?笑わない人『脳卒中』1.6倍」
医学系の報道ではこういうことは多いです。
 
しかし、掲載されたJournal of Epidemiology
http://jeaweb.jp/journal/
って、日本疫学会の学会誌なんですけど、Impact factor 3.022。
https://www.researchgate.net/journal/0917-5040_Journal_of_Epidemiology
日本の学会誌でこんなにImpact factorってあったりするんですね。
知らなかった。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
精神疾患と決めつけるべきではない
似非科学批判と医療の問題について - Soyのブログ
http://dsj.hatenablog.com/entry/2015/09/06/122750
を拝読しました。
すごく大事な指摘。
目の前の患者の訴えを十分な検証なしに否定するのは「科学的」ではありません。
精神科以外の医者も精神科もっと勉強すべきですね。
自分が診断できないからといって精神疾患と決めるつけるべきではないし、それで結論が出た気になってもいけません。
「精神疾患の可能性もあるから一緒に診てもらいましょう」が正解と思います。
患者さんに「見捨てられた」と感じさせたら負けと言えるのではないでしょうか。
 
それから、ごくまれに精神疾患の患者さんを(表面だけ取りつくろって)内心では人間扱いしていない医療関係者がいますが、それだけはダメです。
そのまま行ったら人の苦しみを理解しようとしないクズ人間になってしまう。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1
                   
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。