渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

皮膚科

3月いっぱいで皮膚科外来を終了いたします

永らくご利用いただきました当院の皮膚科外来ですが、内科混雑のため、大変勝手ながら3月いっぱいで終了させていただきます。
皮膚科外来にご通院いただいている皮膚科の患者様につきましては、院長外来で診察を継続させていただくか、紹介状を作成させていただきますので、何卒ご理解のほど、お願い申し上げます。
紹介状をご希望の場合は、事前に info@hirahata-clinic.or.jp 宛てにメールをいただければ3日以内にご用意し、受付で受け取れるようにいたします。

近隣に
美馬皮膚科
渋谷駅前おおしま皮膚科
など、素晴らしい皮膚科専門クリニックがありますので、そちらのご利用もご検討いただければ幸いです。

今後当院は内科専門のクリニックとして、皆様のお役に立てるよう、さらに精進してまいります。
よろしくお願い申し上げます。

投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
皮膚科日誌 2013.08.29 マダニに注意(SFTS)

 マダニによって重症熱性血小板減少症候群(SFTS)という病気になることがあり、重症化すると命に係わることがある、とのことで注意喚起がされています。
本日、厚生労働省のサイトで「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A」が掲載されました。
分かりやすくまとまっていますので、ぜひ参照してください。

 一番大事なのは、マダニに刺されないこと。
野原や山に入るときは、「長袖・長ズボン(シャツの裾はズボンの中に、ズボンの裾は靴下や長靴の中に入れる、または登山用スパッツを着用する)、足を完全に覆う靴(サンダル等は避ける)、帽子、手袋を着用し、首にタオルを巻く等、肌の露出を少なくすることが大事です。服は、明るい色のもの(マダニを目視で確認しやすい)がお薦め」(上記サイトより引用)です。

 刺されたかも、と思ったらまずは皮膚科を受診するようにしてください。
間違っても無理やり引きはがそうとしたりしないようにしてください。
マダニの口のところ(口器)が残ってしまいます。
医学雑誌で見ると、がっちりくっついてしまっている時は、局所麻酔の上で切開または虫体ごと摘出せざるを得ない場合も多いと記載されていました。
ただ、吸血開始後早期であれば、そこまでしなくても取れることもあるようです。
心配な方は、皮膚専門外来でご相談ください。

皮膚科なら東京 渋谷ヒラハタクリニック
皮膚科専門外来はネット予約可能です。

投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
皮膚科日誌 2013.4.7 勉強中
この土日でできれば3冊、読んで勉強しようと画策。
クリニックの仕事を終わらせた後に勉強開始。
たった今、なんとか皮膚疾患の鑑別診断の本を読み終わりました。
とても勉強になったけど、眠いので寝ます。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
内科日誌 2012.11.27 遅延型食物アレルギー検査について

 普通、食物アレルギーの血液検査と言えばその食物に対するIgE抗体を測ります。
(保険適応です。)
これで即時型のアレルギーの検査はできるのですが、遅れて症状が出るタイプの遅延型アレルギーを調べることはできません。

 で、何年か前からアメリカの会社でそれを測りませんかという案内がうちに来てまして。
IgGを測ることで結構分かっちゃうよ、とのこと。
日本語の文献をちらっと探してみましたが、見事に全然見つけられず。
代理店が「Lancetに載った!」っていうので文献を見てみたら、ADHDの子どもを対象にした研究でこの検査を利用してたって話で、蕁麻疹とかアトピーとか喘息とかの話ではありませんでした。

 正直に感想を言いますと、まだちょっとエビデンスが弱いかなぁと。
僕は自信をもってプレゼンすることができません。
で、なんか代理店のサイトを見たら、自宅で検査できちゃうようにしていまして。
しかも、値段が¥28,000。
ネットで調べてみると、医療機関は¥31,500~42,000とかのところが多いような印象。
じゃぁ、家でやってもらえばいいじゃんという話で。
うちで導入するのはやめにしました。
検査してみたい方は、ご自身でやってみてください。
結果を持ってきていただければ一緒に悩みます。(^-^;

内科・皮膚科なら東京 渋谷ヒラハタクリニック

投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
皮膚科日誌 2012.9.7 巻き爪の画期的な治療ができるようになりました
現在、外来が混雑してしまっているため、この治療は中止させていただいております。
大変申し訳ありません。

 巻き爪、痛いですよね。
ひどくなると化膿してしまいますし、歩くのも辛いという方もいらっしゃるかと思います。
僕自身も中学生のころから巻き爪で不快な思いをしてきました。
で、少し文献を読んで試したりしましたが、これというものがありませんでした。
ワイヤーやアクリル人工爪、クリップ、レーザーなどありますが、どれも一長一短。
爪を伸ばさなくてはいけなかったり、器具を装着していなければならなかったり、効果がいまいちだったり、施術のにおいがきつかったり。
で、今回縁あって導入させていただいたのが、ガラスフィラー(世界初らしいです)を使った人工爪による治療。
写真は僕の右足の爪です。
時々痛くなって嫌な感じでしたが、これで治療してみました。(続きへ)

巻き爪治療なら東京 渋谷ヒラハタクリニック

投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1
     
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。