渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

インフルエンザの治癒証明書について
新型インフルエンザ(A_H1N1)に関する事業者・職場のQ&A(平成21年10月30日)|厚労省
「労働者に対し治癒証明書や陰性証明書の提出を求めることについては、インフルエンザの陰性を証明することは一般に困難であることや、患者の治療にあたる医療機関に過剰な負担をかける結果になることから、望ましくありません。」

最近は治癒証明書を書くこともだいぶ減りましたが、たまに求められますね。
ただ、「熱が下がってから48時間経っていて、かつ発症から6日目以降になってから出社」というのを守っていただければ、ほぼ書く意義はありません。

  • 病み上がりで違う病気をもらわないか
  • 休んでたまった仕事を一刻も早くやっつけなくてはいけないのでは

等と考えると、早く会社の方で廃止してくれればいいのにと思います。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
培養肉と動物倫理学
培養肉と動物倫理学|京都大学大学院 応用哲学・倫理学研究教育センター
培養肉と動物倫理学について、素晴らしく明快に答えられてて、プロはさすがに違うなぁと思いました。
ほとんど自明と思えていた命題で、問題になる理由すらはっきりとは分からなかったのですが、読んでとてもスッキリ。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「マンガでわかる大人のADHDコントロールガイド」を読了しました
マンガでわかる大人のADHDコントロールガイド 福西 勇夫 著を読了しました。
日本の成人の3~5%がADHDと言われているようですが、「傾向がある」という方を含めるともっとずっと多そうです。
本書では、ADHDの方のいろいろな傾向と、具体的な対処法をマンガにして、分かりやすく記載されています。
分かって対処してしまえばきっとずいぶん楽。いい本です。待合に置いておきます。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
敏感肌のアトピー性皮膚炎におすすめの保湿剤
文献的には、アトピー性皮膚炎によい保湿成分はセラミド2。
アトピー性皮膚炎の患者さんには、セラミド2配合の保湿剤で、よく手に入りやすいものとして花王さんの「キュレル」をご紹介していましたが、キュレルが肌に合わない人も少なからずいらっしゃいます。
(もともと肌が敏感なので、仕方がないと思います。)
 
今日、当院の患者さんに教えていただいたのは、ETVOS社のベビーローション
防腐剤無添加で、敏感な肌の方でも比較的大丈夫な方が多いのではないかと思います。
実店舗では売られていないようで、オンラインストアでしか手に入らないとか。
肌が敏感なアトピー性皮膚炎の方、乾燥肌のお子さんの肌をしっかり保湿してアトピーを予防したい方はお試しいただくとよいかもしれません。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
佐藤浩一郎先生の話を伺ってきました
先日、私に大腸カメラを教えてくれた師匠、佐藤浩一郎先生(帝京大学溝口病院消化器内科准教授)のお話を伺う機会がありました。
佐藤浩一郎先生はESD(内視鏡で病変を切り取る、非常に難しい手術)の名人で、当院の患者さんも何人も治療していただいているのですが、やはり最近の成績を伺っても、穿孔率(穴が開く確率)は2%未満と非常に低く、見せていただいたスライドではずいぶん大きな直腸カルチノイドも完璧に切り取っておられました。

大学病院時代は佐藤先生の手術の手伝いをよくさせていただいていましたが、素早いながらも非常に丁寧に、慎重に手術をされる姿をよく覚えています。

また患者さんを紹介してもよろしいですかと伺うと、「ぜひどんどん紹介してください」とのこと。
ありがたいことです。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
 
2
                 
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。