渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

敏感肌のアトピー性皮膚炎におすすめの保湿剤
文献的には、アトピー性皮膚炎によい保湿成分はセラミド2。
アトピー性皮膚炎の患者さんには、セラミド2配合の保湿剤で、よく手に入りやすいものとして花王さんの「キュレル」をご紹介していましたが、キュレルが肌に合わない人も少なからずいらっしゃいます。
(もともと肌が敏感なので、仕方がないと思います。)
 
今日、当院の患者さんに教えていただいたのは、ETVOS社のベビーローション
防腐剤無添加で、敏感な肌の方でも比較的大丈夫な方が多いのではないかと思います。
実店舗では売られていないようで、オンラインストアでしか手に入らないとか。
肌が敏感なアトピー性皮膚炎の方、乾燥肌のお子さんの肌をしっかり保湿してアトピーを予防したい方はお試しいただくとよいかもしれません。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
佐藤浩一郎先生の話を伺ってきました
先日、私に大腸カメラを教えてくれた師匠、佐藤浩一郎先生(帝京大学溝口病院消化器内科准教授)のお話を伺う機会がありました。
佐藤浩一郎先生はESD(内視鏡で病変を切り取る、非常に難しい手術)の名人で、当院の患者さんも何人も治療していただいているのですが、やはり最近の成績を伺っても、穿孔率(穴が開く確率)は2%未満と非常に低く、見せていただいたスライドではずいぶん大きな直腸カルチノイドも完璧に切り取っておられました。

大学病院時代は佐藤先生の手術の手伝いをよくさせていただいていましたが、素早いながらも非常に丁寧に、慎重に手術をされる姿をよく覚えています。

また患者さんを紹介してもよろしいですかと伺うと、「ぜひどんどん紹介してください」とのこと。
ありがたいことです。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
渋谷の電子タバコ屋さん

患者さんに「渋谷のスペイン坂に電子タバコ屋さんがある」と教えてもらいました。
vape studio 渋谷スペイン坂店
もちろんニコチンなし、タールなし。
禁煙外来で薬をもらっていても、吸いたい気持ちがなかなか治まらない方もいらっしゃいます。
もちろん時間がたつにつれてどんどん楽になって行きますが、どうしてもつらいときにこういうものを利用されてもいいかもしれません。
300種類もフレーバーがあるとか。スゴイ!

禁煙外来を利用されなくても、これだけで禁煙できてしまう人も結構いらっしゃるようです。
なかなか外来に来られない方も、利用されてみては?
タバコを吸い続けるより、圧倒的に経済的ですし、においも煙も火も気にしなくてよくて、なかなか良さそうですよ!

投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
3月いっぱいで皮膚科外来を終了いたします

永らくご利用いただきました当院の皮膚科外来ですが、内科混雑のため、大変勝手ながら3月いっぱいで終了させていただきます。
皮膚科外来にご通院いただいている皮膚科の患者様につきましては、院長外来で診察を継続させていただくか、紹介状を作成させていただきますので、何卒ご理解のほど、お願い申し上げます。
紹介状をご希望の場合は、事前に info@hirahata-clinic.or.jp 宛てにメールをいただければ3日以内にご用意し、受付で受け取れるようにいたします。

近隣に
美馬皮膚科
渋谷駅前おおしま皮膚科
など、素晴らしい皮膚科専門クリニックがありますので、そちらのご利用もご検討いただければ幸いです。

今後当院は内科専門のクリニックとして、皆様のお役に立てるよう、さらに精進してまいります。
よろしくお願い申し上げます。

投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「人に影響を与えよう」は傲慢。それと「怒り」について

人に影響を与えようなんてのは傲慢な考えだなぁと最近思います。
診療をしていてもそう。
変わるのはもともと「変わりたかった人」だけで、もし僕に影響を受けた、って人がいたとしても、それはきっかけを与えたに過ぎなくて。
だから「なんであの人は変わってくれないの?」とかいうのは本当に可哀そうなくらい一人相撲だなぁと思います。

変わりたい人にはしっかり変われるように援助をすべきだし、そうしていくつもりです。
一方で、変わりたくない人をどうこうしようなんて傲慢で無駄な努力はせずに、自分に出来る、本当にしたいことに注力していきたいと思います。
人生短いですから、「本当にしたいこと」だってどれだけできるか分からない。

「怒る」もそう。
不当な仕打ちを受けている誰かのために怒るのなら正当だと思いますが、「お前は間違っている!」と言って怒るのは本当に注意した方がいいと思います。
「絶対の正義」なんてものはそうそうあるもんじゃありません。
自戒を込めて。

投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
 
2
                 
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。