渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

笑うと脳卒中や心臓病が減る?
「笑いが少ない人は脳卒中や心臓病が多い」という研究が報道されていました。
近藤尚己先生(東京大学大学院医学系研究科准教授)が書かれたもので、全文が以下でダウンロードできます。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jea/advpub/0/advpub_JE20150196/_pdf
20000人以上のアンケート調査結果に基づいているので、信ぴょう性があります。
 
ただ、近藤先生もご自身のサイトで述べられている通り、
http://blog.livedoor.jp/kondonaoki-news/archives/56489081.html
「たくさん笑うと、その後それらの病気になりにくくなるか、という『因果関係』を示していない点」には注意が必要ですね。
脳卒中の結果、笑わなくなった可能性だってあるわけで、判断は難しいです。
 
その点、報道の見出しだけを見ると、違う印象を受けますよね。
YOMIURI ONLINE yomiDr.「笑わない人、脳卒中の割合1.6倍...心臓病は1・2倍」
テレ朝news「笑う門にはやっぱり福?笑わない人『脳卒中』1.6倍」
医学系の報道ではこういうことは多いです。
 
しかし、掲載されたJournal of Epidemiology
http://jeaweb.jp/journal/
って、日本疫学会の学会誌なんですけど、Impact factor 3.022。
https://www.researchgate.net/journal/0917-5040_Journal_of_Epidemiology
日本の学会誌でこんなにImpact factorってあったりするんですね。
知らなかった。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
膵臓日誌 2016.02.21 レトルトカレーは結構大丈夫かも
今日、スーパーでいろいろなレトルトカレーを見てきたんですが、脂質が比較的低いものが多く、スパイスが大丈夫な膵臓の弱い方なら結構いける、ということに気づきました。
なお、モノによっては脂質20g越えもあるので、レトルトなら何でも大丈夫というわけではありません。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
映画「MILK」を観ました。
映画「MILK」
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF-DVD-%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%B3/dp/B002MH19ZE/
大分前に買ってたのに、ようやく観賞。
僕が生まれたころ、こんなことが米国であったとは。
LGBTに対する激しい迫害と、それとどう戦ったかという歴史の1ページを知りました。
人口の10%もいるのに、こんなに苦労されてたのか。

ちなみに、日本語字幕の後に英語字幕で観たけど、難しすぎて45分でギブアップ。
マリファナのことをpotって言ったり、政治用語があったりで難しかった。orz

最近も日本の人口の10%が同性愛者もしくは両性愛者と発表されてたように思います。
僕の友人の一人も同性愛者ですし、日ごろお世話になっている方の一人も同性愛者。
で、これはハッキリ言っておきますが、同性愛も両性愛も「病気」じゃないです。治療の必要ないですし。
外来してると、ストレートの人間の無理解がストレスになってるパターンも多いのかなぁと感じるんですが、知ろうともしないで非人間的な対応をして平気な人間の方が、むしろ疾患が隠れてないかな、って気になります。
宗教がからんでる場合は難しいと思いますが、日本では少ないパターンでしょうし。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
最近思うこと
患者さんに冷たく偉そうに振舞っちゃう医者って、ほぼ例外なく「医者じゃない自分」を見失ってしまってると思います。
「立場」におんぶにだっこで、人間として自立できてない様はもはや滑稽。
医師免許なくなったらどうやって食っていくの?
その人格で雇ってもらえるとでも?
医師になるために努力はしたのでしょう。
でもその努力の結果、得たものが「人を傷つけることができる立場」「浅ましい生き方」だけだったとしたら、その努力はしない方が良かったのでは。

立場が強いということと、人として強い・深いということは違う。

なお、自分はまだまだだと思っています。
いつも自分の過去・現在の至らなさに悶え苦み、さいなまれています。
不断の努力によってのみ、自分は生きていいと許されるとさえ思っている。
たまに(しょっちゅう?)バテて休みますけども。

あ、患者さんは無条件で生きていてくれないと困ると思っています。
死んじゃだめですよ。本当です。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(2) | トラックバック(0)
精神疾患と決めつけるべきではない
似非科学批判と医療の問題について - Soyのブログ
http://dsj.hatenablog.com/entry/2015/09/06/122750
を拝読しました。
すごく大事な指摘。
目の前の患者の訴えを十分な検証なしに否定するのは「科学的」ではありません。
精神科以外の医者も精神科もっと勉強すべきですね。
自分が診断できないからといって精神疾患と決めるつけるべきではないし、それで結論が出た気になってもいけません。
「精神疾患の可能性もあるから一緒に診てもらいましょう」が正解と思います。
患者さんに「見捨てられた」と感じさせたら負けと言えるのではないでしょうか。
 
それから、ごくまれに精神疾患の患者さんを(表面だけ取りつくろって)内心では人間扱いしていない医療関係者がいますが、それだけはダメです。
そのまま行ったら人の苦しみを理解しようとしないクズ人間になってしまう。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
       
5
           
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。