渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

アルコール依存症について
アルコール依存症の患者数は
男性1.9%(推計95万人)
女性0.3%(推計14万人)
と言われています。
特に男性では思ったよりだいぶ多いな、という感じがしますね。
しかし、きちんとアルコール依存症として医療機関を受診してるのは4.4万人(アルコール依存症全体の4%)しかしないとのことで、ゆゆしき問題です。
少しでも怪しいと思ったら、AUDIT等を利用して、チェックしていただくことが必要と思います。
会社等でも社員向けに啓発が必要かもしれません。
 
また、自殺のリスクが大きくなることも大事な点。

本人がお酒をやめたいと思わないと治療ができない、という点も大事。
その意味で、実は周りの方があまり尻拭いをしてはいけないんだそうです。
「まだ大丈夫」と思ってしまったら、やめようという気にならず、かえって治療が遅れてしまうんですね。
専門用語でイネイブリングと言います。
(参考:厚生労働省 e-ヘルスネット「イネイブリング」)

いくつか断酒のための薬はありますが、薬だけでお酒を止めるのは難しいとのこと。
きちんと専門の先生(精神科)にかかり、認知行動療法などを通して治療していくことが大事なようです。
また、自助グループも助けになるでしょう。
AA(アルコホリクス・アノニマス)
全日本断酒連盟

国立病院機構久里浜医療センターの松下幸生先生によると、アルコール依存症治療の3本柱は
「通院」「薬物療法」「自助グループ」
だそうです。
一人でも多く、アルコール依存症の苦しみから回復していただきたいですね。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1か月以内にギニア、リベリア、シエラレオネに行かれた方に
厚生労働省から通達がありました。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/dl/20141024_01.pdf

1か月以内にギニア、リベリア、シエラレオネに行かれた方は、発熱しても病院にいきなり行かず、保健所に電話するようにしてください。
保健所の連絡先:
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/hokenjo/
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
国境なき医師団に寄付させていただきました。
エボラ出血熱、まったくもって他人ごとではないので、クリニックとして国境なき医師団に精いっぱいの寄付をさせていただきました。
命がけで戦っておられる方々に感謝。
なんとか一刻も早く収束してほしい。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
院長日誌 2014.10.19
勉強してたらあっという間に日付変更。
やりたい作業も全然できず。
全然時間がない…。
でももうちょっと英語を勉強したら、明日に備えて早く寝ます。
まぁこういうことずっと言い続けて、死ぬまで元気で長生きできるように頑張ります。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「ガチのヤクザを退治した話」を読みました。
ガチのヤクザを退治した話:哲学ニュースnwk @nwknewsさんから
これは勉強になりました。
うちは色々な方に利用していただいてるので、守られてるのかもしれませんね。
まぁ医師会の顧問弁護士もいますしね。
少し前に暴力団関連の書籍もいくつか軽く読んだことがあるんですが、リスクを減らすために、勉強しておくとよいのだろうと思います。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
8
         
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。