渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

アルコール関連問題について
2008年の日本のアルコールによる社会的損失の推計は、4兆円以上だそうです。
酒税収入は1兆円台ということで、大変な問題ですね。
飲みすぎは控えていく必要がありそうです。
アルコール関連問題の社会的損失の推計

アルコール依存の簡単なスクリーニング(AUDIT)がキリンビールさんのサイトでできます。
7点以下が男性で76.1%、女性で96.7%ですので、8点以上の方は相当気をつけなければいけません。

何とかしなければとお考えになったら、久里浜医療センターの刊行物に、いろいろ参考になるものがあるようです。
こちらもどうぞ。

投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
看護師さんはよく見てますね
これは大学病院時代から思っていることですが、医師が看護師さんと良好な関係を築いて働きやすくなりたいと思ったら、患者さんに優しくすることですね。
看護師さん、超見てる。
そしていい先生には優しくしてる。
ダメ医者には厳しい。
ある意味看護師さんの方がプロ意識持ってるのかも。
ご機嫌取りは、いい先生がしてくれたらうれしい。
ダメな先生がして来たら「キモい」。
厳しいです。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
院長日誌 2014.08.04 零細少子化対策医院
妊娠を機に解雇とかって話が話題になってますが、僕は「妊娠おめでとう!出ていって!」とか絶対言えない人なので、必然的に本人が望むまで働いてもらって、望む時期から復帰してもらう零細少子化対策医院になってます。
食っていけるだけの給料が出てるなら、笑顔で従業員が働いていることの方が大事。
従業員は感謝してくれて、みんな一生懸命働いてくれます。
優秀な人材も手放さずに済むし、みんな帰属意識持ってくれるし、大変だけど、いいこともたくさんあります。
ありがたいことです。
みんなに「10年後にはこんなの普通になると思うよ」と言ってますが、ホントにそうなるといいですねぇ。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
治療メモ 2014.07.29 問題解決は急がず、ちょっと適当に。
大きな問題で悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。
今はとても大変かとは思いますが、できるだけのことをしたら、あとは天に任せる、というような感覚も必要かもしれません。
「こうなったらどうしよう」といった先々の心配をしすぎても事態は好転しませんし、疲れるだけ無駄とも言えます。

「それでは問題は解決しない」と言われるかもしれませんが、すぐに解決できる問題など、限られているように思います。
むしろ問題が大きければ大きいほど、すぐには解決できないことが多いのではないでしょうか。

「問題が解決しない限り一歩も進めない」といった発想がもしあるとしたら、それは百害あって一利なしと思います。
問題が起きない人生など考えられず、いちいち問題のたびに立ち止まっていたら、何もしないうちに人生が終わってしまいかねません。

大変な時だからこそ、気を長く持って、良い意味で「ちょっと適当に」過ごす必要があるのかもしれません。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
検査技師さんの採血量制限解除されてるんでした。
検査技師さんって採血できる量に制限あったっけ?
と思って調べたら、制限加除されてるんでしたね。忘れてた。
http://www.jslm.org/others/news/saiketsu.pdf
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
9
         
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。