渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>院長ブログ

院長ブログ

禁煙外来日誌 2014.6.8 手がさみしいときにセラパテがいいかも?
禁煙で手がさみしいとき、セラパテというのがいいかもしれません。
患者さんに教えてもらいました。
粘土みたいな感触ですが、硬くならず、ベタつかず、ずっとグニグニできて、気持ちいいです。
色で硬さが選べるようですよ。
禁煙外来なら東京 渋谷ヒラハタクリニック
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
治療メモ
 何かあった時、「つらい」「忌々しい」と感じてしまうことは無理もないことですが、今のうちに乗り越える術を身につけておくに越したことはないと考えることもできます。
 
「何かいやなこと・ダメなことがあったら、今までの努力もすべて意味がなくなる」といった発想は、早急に捨て去っていただく必要があります。
「0か1か」という発想であり、生きていくうえで、それは大変に不利な発想法です。
 
「いやなことがあったので、良かったことも一時的に思い出せなくなった」というのはもっともなことだなと思いますが、「無意味」とまで断じてしまうのは大変に悪い傾向です。
その発想自体が、あなたを苦しめている可能性はないでしょうか。
 
人生を巻き戻すことは誰にもできません。
私自身にも、後悔していることがたくさんあります。
でも、私にも「やり直し」はできません。
 
いやなことも毎日ありますが、それに意味を見つけて取り組んで行く以外にないと思っています。
「無意味」と決めつけたとき、その問題に取り組む価値がなくなってしまいます。
 
あなたは人生の相当な時間を「無意味だった」と決めつけていらっしゃるかもしれません。
しかし、「意味があるかないか」は客観的事実ではありません。
「どうとらえるか」で意味はいくらでも出てきます。
「意味の有無」は主観です。
 
あなたは監獄にいるような気持ちかもしれませんが、牢獄にあっても、心と体と頭脳を鍛え、思索に力を注ぎ、そこに意味を生み出した人もいます。
 
今は疲れていらっしゃって、この文を読むのも大変かもしれません。
また、私の言っていることを心から理解することも難しいかもしれません。
まずはぼーっと横になって、疲れを取ることが大事です。
そのあと、またこの文を読んでいただければいいのではないかと思います。
 
ただ、私から見れば、今の苦境にも意味があるのだということは意識するようにしてください。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
【常勤医療事務募集】
  今回、常勤スタッフがキャリアアップのために退職することとなり、常勤医療事務を募集させていただくことにいたしました。

(勤務はすぐに開始していただく予定です。)

○当院の特徴

 当院は企業で働く方々を支えるため、1985年に渋谷で開設されたクリニックです。
一般診療は朝9時から夜8時まで受け付け、健診は朝9時から夜7時まで枠をご用意。
最新の胃カメラ・大腸内視鏡を導入し、専門の検査技師によるエコー検査も提供。
大学病院の現役・OBの日本皮膚科学会認定専門医による皮膚専門外来、循環器内科外来、呼吸器内科外来なども開設しております。

 多くの方にご支持いただき、現在、月の来院者数も、のべ2000人以上となっております。
健康診断・人間ドックの件数は年間約6000件、健診の契約をさせていただいている企業様は約400社ほどになります。

○当院の理念

 当院は、受診者が医療機関に求めているものは「安心」と考え、それを基準に医師、スタッフが一丸となって取り組んでいます。
(当院の理念「安心」の由来はこちら)
当院は、患者さんの「安心」だけでなく、スタッフの「安心」も追及しています。
安心して働けなければ、スタッフも受診者の皆さんに安心を与えることができないと考えるからです。

○スタッフは大切な存在

 当院では、スタッフも患者さんも、同じように大切な存在。
スタッフは毎年検診も行っていますし、希望があれば胃カメラもエコー検査も無料で行っています。
有給休暇の取得率も高く、比較的自由に休みがとれる環境です。
また、残業はあまりありません。
(会計の金額が合わないときなどは、どうしても少し残業が発生してしまいます。)

○当院の雰囲気

 当院のスタッフは皆、仕事はきっちりこなしながら、手が空いた時には仲良くおしゃべりをすることもあります。
院長の性格のためか、上下関係、経験年数などはほとんど重視されません。
(社会人としての礼節は守られています。)
20代から30代前半のスタッフが多く、自由な雰囲気。
一人一人が自覚をもって、自分の役割を果たしています。

 スタッフが誕生日がある月は、ケーキを買ってきてみんなでお祝い。
納涼会と忘年会、歓迎会を近隣のお店で盛大に(?)行っており、いつも大変盛り上がっています。

○求めている人材

▽向上心を持った人

 現状に満足し、歩みを止めれば人は老います。
人が老いれば、組織は死にます。
人間である以上、100点満点ということはありませんから、常に向上の余地はあります。
スタッフの向上なくして組織の向上はありません。
組織の向上なくして、受診者の「安心」は追求できません。
当院は、向上心を持った人を求めています。

▽誠実な人

 当院では、ミスがあってもしっかり報告し、誠心誠意対応・再発予防をすれば追及されることはありませんし、評価にも影響しません。
ミスは減らすべきものですが、人間である以上、完全になくすことはできません。
また、ミスはしたくなくてもしてしまうもの。
しかし、ミスを隠す場合は別。
隠すのは100%故意だからです。
隠したら直せないし、直した成果も分かりません。
当院は、プロとして、誠実に仕事に向き合う人を求めています。

○業務内容

・受付業務
・レセプト業務
・電話応対
・予約管理 など

○院長はこんな人

院長ブログ 医療関係のことはこちらに書いています。一番参考になるのではないかと思います。
個人ブログ 最近は英語の話ばっかり...。(;´Д`)
社長ブログ 院長が道楽でやっている医療系IT会社のブログです。コンピュータの話ばっかり。
院長Facebook
院長twitter

○給与

 給与額についてはハローワークをご覧ください。
特に問題なければ、就職して3か月後に昇給予定としております。
また、毎年10月、経験と能力に応じて昇給のチャンスがあります。
ボーナスは年に2回、それぞれ給与の1か月分を支給しています。
(満額支給は入社1年後からになります。)

▽TOEIC手当

 当院では、TOEICを受けていただくと、毎月点数×20円、1年間支給することとしています。
受験料についても、当院で負担。現在の英語のスキルは問いません。
これは主に、次の2つの理由によります。

・日本語が話せない方(必ずしも英語圏の方とは限らない)が来院された際、少しでも安心していただくため
・スタッフに英語スキルを身につけてもらうため

 もちろん、受験するかどうかは自由。
現在のところ、受験していないスタッフの方が多いので、英語が苦手でも気にしないでください。
ただ、いつかスタッフが当院を卒業し、違う環境に移った時、「あのクリニックで働いていてよかった」と思ってもらえるスキルを身に着けてもらいたい、という思いでこの手当を支給しています。

▽研修費・書籍費用はクリニックで負担

 院長が必要と認めた研修、書籍については、費用をクリニックで負担します。
あまり高額なものは認められませんが、いいものがあれば院長に気軽に相談してください。

ご応募はハローワークからか、info@hirahata-clinic.or.jp宛のメールでお願いいたします。

募集は終了させていただきました。
多数のご応募、ありがとうございました。

投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
膵臓日誌 2014.5.16 「からだにいいこと」の膵臓のページに掲載
本日発売の「からだにいいこと」の膵臓のページに私が載っています。
お時間のある方は書店でチェックしてみてください。
待合にも1冊置いておきました。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
禁煙外来日誌 2014.5.12 禁煙で19.6年長生き?
アメリカの約50年のたばこ規制で早死にするはずだった人が平均19.6年長生きしたって論文が出てました。
JAMA. 2014;311(2):164-171. doi:10.1001/jama.2013.285112.
喫煙してる人はさっさとやめて自己防衛した方が、いろいろ安上がりな上に元気になりますよ。(^-^)
辞めたいのにやめられない時は、ぜひ禁煙外来をご利用ください。
投稿者 医療法人社団 創友会③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
9
         
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。