渋谷ヒラハタクリニック|内科・皮膚科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>スタッフブログ

スタッフブログ

皮膚科で美容日誌 2011.11.25 アルコールとお肌

こんにちは!!
美容担当の山中です

気温も下がり、すっかり冬本番ですね。
12月に入ると忘年会やクリスマスなど
飲む機会の増える方も多いのではないでしょうか

アルコールは適度であれば、

血行を良くしたり、交感神経の働きを抑え、
副交感神経の働きを活発化しリラックス効果を
もたらすなど良い面があります

しかし、アルコールを摂取しすぎると、
消化器系に負担をかけ、健康に悪影響を及ぼすのは
もちろんのこと、美容にとっても悪影響になってしまいます

まず、飲みすぎは毛細血管が拡張し、皮脂腺を刺激するため、
皮脂の分泌量が増加・・。
毛穴がつまるとニキビの原因に
他にも夜更かしや寝不足などお肌のトラブルを
引き起こしがちな要因に・・・。

また、満腹中枢を抑制するため、
ついついおつまみを食べ過ぎてしまう方も
多いのではないでしょうか?
脂肪分・糖分・塩分の取りすぎには注意です

ところでお酒の適量とはどのくらいでしょう?
適量とは血中のアルコール濃度が0.1%に
抑えられる量のことをいうそうです

ビール→大瓶1本
清酒→1合
ワイン→1/3本
ウィスキー水割り→シングル2杯
焼酎→0.6合

個人差はあるのであくまで目安です
私はいつもついつい飲みすぎてしまうことが
多いので、今年はがんばって自制したいと思います

投稿者 医療法人社団 創友会③ (2011年11月25日 15:39) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。