渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>内科

| AGA |

毛髪治療

フィナステリドは、男性型脱毛症の治療薬です。
男性型脱毛症とは、額の生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなっていくものを指します。
原因は、毛乳頭細胞という細胞にある5α-還元酵素という酵素だということが分かっています。

 

この酵素を阻害する薬がフィナステリド(製品名:プロペシア)です。 内服を始めてすぐに効果が出るというわけではありませんが、6ヶ月以上続けていただくと、90%以上の方で抜け毛の減少、80%以上の方で髪の毛の増量が期待できます。
(強い増毛効果が出るのは10%程度。) 副作用もたいていの場合は見られず、性機能に対する影響もありません。

 

なお、内服を開始すると前立腺の腫瘍マーカーが見かけ上低下してしまうため、40歳以上の方は、内服を開始する前に超音波で前立腺の大きさを測定し、腫瘍マーカーを測定することをお勧めします。
なお、前立腺の超音波検査の直前は、できるだけ排尿をしないようにしてください。
(膀胱に尿がたまっている状態のほうが、正確に前立腺の大きさを測定できるため。)

診察料/処方料

無料
プロペシア 300円/錠(税込)
フィナステリド 220円/錠(税込)
ザガーロ 350円/カプセル(税込)

 

プロペシアは割らないで飲んでください
 
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。