渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>内視鏡

| 内視鏡 |

痛みのない~少ない大腸カメラ

当院では最新式の大腸カメラを導入しております。拡大機能を搭載しており、ポリープや粘膜を詳細に観察可能です。

 

空気の100~200倍速く吸収される炭酸ガスを使用して検査を施行するため、検査後の「お腹が張って苦しい」といった症状はかなり軽減されています。

 

また、院長は大学で大腸カメラ挿入時疼痛の研究の中心メンバーの一人として活動。ベテランの医師でも困難な、痛みのない~少ない大腸カメラを施行しています。

現在、鎮痛剤・鎮静剤を一切使わない状態でも無痛挿入率は6割をゆうに越えており、「胃カメラよりも楽」と、大変ご好評をいただいております。
(痛みがある場合のみ、鎮痛剤を使用します。)
下剤の処方等が必要ですので、ご希望の方は一度ご受診ください。

 

なお、同研究の成果は世界で最も権威のある消化器関連学会の大会、2008年の米国消化器病週間で口演発表されました。抄録はGastrointestinal Endoscopy誌にも掲載されています。

Evaluation of Patient Pain During Colonoscopy for Types of Looping Between Hood Attached Group and Non-Hood Attached Group: An Analysis Using Magnetic Endoscope Imaging (MEI)

Koichiro Sato, Koichi Hirahata, Sumio Fujinuma, Tadayoshi Kakemura, Iruru Maetani

Gastrointestinal Endoscopy April 2008 (Vol. 67, Issue 5, Page AB77)

 
院長ブログより
大腸カメラ日誌 2009.04.25 前半が大事。
大腸カメラ日誌 2009.05.02 大腸カメラ時の麻酔
大腸カメラ日誌 2009.05.02その3 鈍感な医師
大腸カメラ日誌 2011.06.16 挿入法のトレンド

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。