渋谷ヒラハタクリニック|内科・健診・人間ドック・胃カメラ・大腸カメラ
HOME>漢方外来について

| 漢方外来について |

更年期障害の漢方薬

更年期障害の根本的な問題は、年齢を重ねることからくる血と臓器のうるおいの不足。
不調の出かたは様々で、そのパターンに応じて漢方薬で補い、整えます。

  • 血が不足して、血や気をスムーズに流す機能が低下するパターン:
  • 症状:イライラ・抑うつ、胸や顔のほてり、眼の疲れなど→加味逍遥散が効果的。
  • 血が不足して、気が滞るパターン:
  • 症状:イライラ・抑うつ、筋肉の痙攣、感情の急激な変化など→抑肝散が効果的。
  • 気滞の症状(抑うつ、感情の急激な変化)が強い→抑肝散+香蘇散が効果的。
  • 血が不足して、気が滞り、熱が発生するパターン:
  • 症状:ホットフラッシュ、強いイライラ・抑うつ、不安、動悸、不眠など→柴胡加竜骨牡蠣湯+四物湯が効果的。
  • 血と陰分が不足して、気が滞り、熱が発生するパターン:
  • 症状:ホットフラッシュ、手足のほてりや口渇、強いイライラ・抑うつ、不安、動悸、不眠など→柴胡加竜骨牡蠣湯+滋陰降火湯が効果的。
  • 熱の症状(ホットフラッシュ、手足のほてりや口渇、胸の熱さ)が強い→黄連解毒湯や三黄瀉心湯が効果的。

上記以外の症状につきましても、病態を解析し、おひとりおひとりに合った漢方薬を処方していきます。
お悩みの方はぜひ一度ご連絡ください。

 
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お急ぎの場合はお電話にて
お問い合わせください。