新型コロナ感染症・後遺症の記事

2021/05/03更新

新型コロナ後遺症の検査

新型コロナ後遺症の検査

新型コロナ後遺症によく似た症状の疾患もあるため、治療可能な他の疾患を見逃さないために、検査をすることは重要です。
新型コロナによる臓器障害を検出するためにも、検査は必要です。
また、治療の副作用のチェックのためにも、検査を適宜受けていただくことを推奨しています。
オンライン診療を受けておられる方々も、できれば上咽頭擦過治療(EAT、Bスポット療法)を受けている耳鼻科でお願いするなどして、採血等を受けるようにしてください。
以下にその一部をご紹介します。

他の病気を見逃さないための検査

  • 膠原病の検査:抗核抗体(採血)
  • 甲状腺疾患:甲状腺ホルモン(採血)
  • 貧血・隠れ貧血:ヘモグロビン・フェリチンなど(採血)
  • 血管炎:MPO-ANCA・PR3-ANCA(採血) 後遺症によって起きる症状の可能性もありますが、Natureの論文 などでは血管炎が掲載されていないので、こちらにしてあります

臓器障害の有無を調べる検査

  • 心筋炎:高感度トロポニン(採血)、心エコー
  • 不整脈:心電図、24時間心電図(ホルター心電図)
  • 脳梗塞:頭部MRI
  • 肺炎:胸部レントゲン、胸部CT
  • 膵炎・膵機能障害:リパーゼなどの膵酵素(採血)、腹部エコー
  • 逆流性食道炎:胃カメラ 負荷があるのであまり急いで行う必要はない

副作用チェックのための検査

いずれも採血

  • カリウム
  • 肝機能検査
  • 腎機能検査